Home » 集合住宅にソーラー発電システム

集合住宅にソーラー発電システム

集合住宅にソーラー発電システムを設置するために実行できる方法としては、各戸連系と共用連系という2種類があります。

・各戸連系
各部屋にソーラー発電システムが独立して存在している形式のことをさして言います。
入居者がクリーンエネルギーによって光熱費の低減が実現する方式です。
この場合売電をするのは入居者ですから、収入は入居者が受け取りますので、一見すると集合住宅とは言えども、個人個人で一戸建てのように活用することができる形式です。
メリット
入居者に多大な恩恵が与えられる方式のシステムです。
各部屋ごとに取り付けることができるので、家賃などの設備費で補いやすいのも特徴です。
分譲住宅の場合にはその分不動産価値を高めることができます。
デメリット
集合住宅としての電力のパワーは抑えられてしまうので、別にソーラーパネルを設置することを検討する必要性があります。
それぞれの部屋に設置することによって、工事単価が高くつく可能性も考えられますので、初期費用が高くなってしまい、その分余分に家賃として支払うことを考えられます。
すでに建てられている集合住宅の場合には、もう住んでいる人がいるので、その部分で入居者との話し合いが必要になります。

・共用連系
マンションの屋上を効率よく使える通常の集合住宅用のソーラー発電システム設置方法です。
集合住宅として、共用スペースでの電力を使うことができる上に、売電をすることができるので、マンションの経営にいい影響を期待することができるといえます。
どのような形式での住まいを立てたらいいのか気になる場合には、ぜひマンションなどの集合住宅において最良と思えるような住まいについての対応をしっかり確認しておくことが大切です。
集合住宅としての経営を優先するのか、それとも入居者に利益を還元するのか、その部分をよく検討しておくことで、自分たちだけではなく最良の導入方法を見つけられるでしょう。


Copyright © 2009 ビバ!太陽光発電, All rights reserved.| Powered by WordPress| Simple Indy theme by India Fascinates