Written By: admin

現在、太陽光発電が良いとされる理由の一番は、10年間の売電価格にあるのでは
ないでしょうか。
一般的に考えて、太陽光発電だけを考えるならば、そんな得と言う計算にならないのです。
と言うのもこの太陽光発電は、昼の時間しか発電しないのです。
しかし、昼と言う時間帯は電力をもっとも使わない時間帯でもあるのです。
ですから昼間にいくら電気を集めても意味がないのです。
本来であれば、夕方から深夜に欲しいのですから。
蓄電が進んでいないことから、昼間の電気を電力会社が買い上げる手段を国が作ったのです。
このことで、太陽光発電の設置が伸びた理由でもあるのです。
でも電力会社が買い取ることで、その分の費用は一般庶民にも回って来ているのです。
それは、電気料金となって来ているのです。
ですから考え方によっては、お隣が太陽光発電の家庭でしたら、その設置の負担を
供与していると言っても良いのです。
特に福島原発事故以来、電力政策が右往左往しています。
今のうちに太陽光発電にして、住みよい家庭にするのもひとつの方法と思います。

Copyright © 2009 ビバ!太陽光発電, All rights reserved.| Powered by WordPress| Simple Indy theme by India Fascinates