Home » マンション屋上の太陽光発電について

マンション屋上の太陽光発電について

マンションやアパートを持っているのオーナーであれば、太陽光発電システムを導入することによって、不動産価値がアップします。
実際に昨今の不動産関係者の間では非常に多数の太陽光発電システムつきの集合住宅に対しての問い合わせが殺到していることから、多くのユーザーのニーズと社会的貢献の両方を満たすという始点からも、不動産価値が高いものとして認識されているのが実情です。
もし集合住宅の広い屋根を活用して、不動産物件内部の発電を率先して検討するか、それとも全てを売電にまわすことができ、副収入として活用することを選択するのか、人によって判断は異なりますが、どちらにせよ導入することによって多くの収入を得ることができます。
また、導入するパネルを10kW未満にすることによって、企業としてではなく個人と同じ補助金制度を活用することも出来ますので、税制の面でも優遇されやすくなる可能性が高いのは事実です。
実際に様々なポイントによってお得な部分があります。
たとえば、一般的に太陽光発電システムの場合、ある程度の規模の集合住宅へ設置をして発電をした場合、そのまま発電を売電するのと、廊下など共用スペースの電力として確保してから使うのでは、かなり費用が異なります。
この場合、以外かもしれませんが共用のスペース電力分として確保してから売電したほうが高く売れます。
一般的に昼間に共用スペースで電力を確保する必然性が見当たらないことから、売電の価値が高く、非常にお得な売却方法であるという意見があります。
更に節税対策としても取り付ける場合もあるのですが、税理士と相談してから検討することが大切です。
事前に税理士と相談しておき最良の結果がでるよう、事前に確認することは何よりも大切です。
もちろんマンションの規模によって税制優遇措置や、更に効率よく売電の税金などをも踏まえて確認しておくことで、導入の初期費用などもより早く回収できます。

ワイシャツの通販
メンズ向けワイシャツの専門通販店

Copyright © 2009 ビバ!太陽光発電, All rights reserved.| Powered by WordPress| Simple Indy theme by India Fascinates